作品情報

Story

くじらしか飼育されていない、和歌山県南部にある「太地町立くじらの博物館」。

来客も増えず、次々に飼育員が辞めていく中、館長は、

経験豊富なベテランスタッフから強い反対を受けても、

飼育員リーダーに、純粋にくじらを愛する青年・鯨井太一(矢野聖人)を任命する。

東京の水族館からピンチヒッターとして呼ばれた白石唯(武田梨奈)や、

学芸員の間柴望美(岡本玲)ら、同僚たちの中にも懸命に太一をサポートする人も現れるが、

皆を悩ませていたのは来客が少ないことだった。

そんな中、博物館を盛り上げるために太一は、

スタッフの手作りによる「くじらまつり」を行うことを思いつく。

しかし、開催を目前に控えたある日、「くじらまつり」中止の危機が訪れる・・・。