新着情報

イベントレポート

7月11日(水)、主演で飼育員役の矢野聖人、ヒロインの武田梨奈、くじらの博物館・学芸員役の岡本玲(和歌山県出身)、主題歌を担当し、映画にも出演の清水理子(和歌山県出身)、藤原知之監督が、本作品の撮影地でもある和歌山県を訪れ、仁坂吉伸和歌山県知事を表敬訪問、その後、記者会見を行い、ジストシネマ和歌山にて舞台挨拶を行いました。

映画「ボクジラ」イベントイメージ

和歌山県太地町の町立くじらの博物館を舞台にした映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』主演の矢野聖人と武田梨奈、岡本玲、映画の主題歌を担当した清水理子、そして藤原知之監督が仁坂吉伸和歌山県知事を表敬訪問し、完成を報告しました。藤原監督が「ぜひ、和歌山県のご協力をいただいて、映画のヒットに繋げられたらと思っています。ご協力お願いいたします」と述べると、仁坂知事は、「大ヒットするように、和歌山をあげて応援します」と応えていました。

映画「ボクジラ」イベントイメージ

その後、県庁内で記者会見を行いました。会見では、「クライマックスのショーのシーンを撮るために、撮影前から太地町に入って、飼育員さんの1日の仕事を体験して、クジラとのコミュニケーションを深めて、撮影に臨みました。」(矢野)、「クジラも人間と同じように日によって、体調が良かったり悪かったり、機嫌の良い悪いもあるんです。だから、クライマックスのショーは、どちらかができているからと言って成立するシーンではないので、色々なタイミングや様々な要素が重なって撮れた奇跡的なシーンだったと思います。」(武田)、「20日間の撮影の中で2回台風が来るなど、天候は大変でしたが、太地町でずっと泊まりがけで撮影できたのは有り難かったです。それでも、タイトなスケジュールの中、エキストラの方も含めて、あの全てのメンバーだったから完成できた映画だと思います。」(岡本)、「和歌山県外の方がこの映画を観て、ロケ地を訪れてくださったら、博物館の方や太地町の方をはじめ、ご協力いただいた方に恩返しができるんじゃないかと思うので、そこまでを目標にして頑張っていきたいと思っています」(藤原監督)と作品をPRしました。

映画「ボクジラ」イベントイメージ

また、ジストシネマ和歌山で行われた試写会では、下宏和歌山県副知事にご挨拶いただいた後、舞台挨拶を行いました。クジラの飼育員役を演じた武田は、「映画の中ですごく難しい役に挑戦したんですが、絶対に成功するぞと思って演じました。それと、クジラとお互いの気持ちを通じ合わせないと技も成功できないので、通じ合わせるまでがすごく難しかったです。」とクジラとのコミュニケーションの難しさを語っていました。また、和歌山県出身である岡本玲は、初めて出演した和歌山の映画について、「正直に言えば、やっと出られた、という感覚です。和歌山を舞台にした映画は今まで、大きいものも小さいものもありましたが、自分が出ていないことが素朴に残念でしたし、悔しく思っていたので、この映画のお話をいただけた時は嬉しかったです。」と話していました。そして、主題歌を歌っている清水は、「この主題歌の歌詞は、映画が完成してから作られたので、この映画を観た後で聴いていただけるとより深く心に残る歌になっていると思います。」と主題歌について語っていました。最後に、主演の矢野が、「和歌山県の美しい風景や、クジラたちの可愛さがたくさん詰まった、すごく真っ直ぐな青春映画になっています。」と映画をPRし、舞台挨拶を締めくくりました。

特報解禁しました!

清水理子の歌う主題歌にのせて、
クジラと人間たちのヒューマンドラマが綴られます。

公開日決定しました!

和歌山、東京での公開日が決定いたしました。

10月12日(金)より、
ジストシネマ和歌山、イオンシネマ和歌山、ジストシネマ南紀にて先行公開いたします。

11月3日(土)より、
シネ・リーブル池袋 他全国順次ロードショーとなります。

映画「ボクジラ」ポスター

クラウドファンディング開始しました!

7月3日17時よりクラウドファンディングを開始しております。

この映画は、「鯨とともにいきる」が日本遺産に認定された、和歌山県紀伊半島の南に位置する太地町、新宮市、那智勝浦町、串本町が主な舞台になっています。今回のクラウドファンディングをきっかけに、紀南地域を知っていただき、この地域の魅力がより多くの方に伝われば嬉しく思います。

また、この映画は、全国の夢を追いかける方たちへの応援映画でもあります。その町で、その場所で、一生懸命がんばっている方々に届けたい映画です。本作を全国の劇場に届け、多くの人に映画を身近に感じていただきたいと思っています。応援宜しくお願い致します。

<クラウドファンディングページ>

第3弾キャストを発表!

第3弾、全てのキャストを発表します。

矢野聖人演じる主人公の鯨井太一を飼育員リーダーに任命する博物館の館長・富樫に鶴見辰吾が扮し、そして、富樫を館長に招いた太地町の町長を近藤芳正を演じ、経験豊富なベテラン俳優が若手俳優中心のキャスト陣を支えています。

また、『斉木楠雄のψ難』鵜飼和洋役の丹羽紀元、和歌山を中心に活躍する柳橋さやか、和歌山県出身で虹のコンキスタドールに所属する清水理子、AKB48チーム8 和歌山県代表の山本瑠香らも出演し、物語を盛り上げています。

第3弾キャスト

<第3弾発表キャスト(敬称略)>

  • 近藤芳正
  • 鶴見辰吾
  • 丹羽紀元
  • 柳橋さやか
  • 清水理子
  • 山本瑠香

第2弾キャストを発表!

第1弾の矢野聖人、武田梨奈、岡本玲に続き、以下12人のキャストを発表します。

和歌山県公式インスタグラムイメージガールである本谷紗己が本人役で出演するほか、『烈車戦隊トッキュウジャー』トッキュウ6号役の長濱慎、映画『暗殺教室』矢田桃花役の松永有紗、舞台『ダイヤのA』で倉持洋一役を務める葉山昴など、テレビ、映画、舞台で活躍する新進気鋭の若手俳優たちが青春ストーリーを盛り上げます。

第2弾キャスト

<第2弾発表キャスト(敬称略)>

  • 末野卓磨
  • 秋吉織栄
  • 長濱慎
  • 葉山昴
  • 斉藤佑介
  • 松永有紗
  • 高山璃子
  • 飯田祐真
  • すわいつ郎
  • 彩羽
  • ねりお弘晃
  • 本谷紗己

メインキャスト決定のお知らせ

和歌山県太地町にある「くじらの博物館」を舞台に、飼育員たちの夢と希望を描く『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』(藤原知之監督)の制作が決定。メインキャストが発表されました。

映画は、低迷気味の「くじらの博物館」を、若い飼育員らが懸命に盛り上げ、見事再生させるという、実話をベースにした青春ストーリー。登場人物が葛藤や迷いを抱えながらも夢を信じて突き進んでいく姿を描きます。

主人公でクジラオタクの飼育員・太一を演じるのは、注目の俳優・矢野聖人。舞台『身毒丸』、ドラマ『リーガル・ハイ』、映画『闇金ウシジマくんPart3』などに出演、本作が待望の映画初主演となる。他に、東京から来た飼育員・唯を女優の武田梨奈が、博物館の学芸員・望美役を女優の岡本玲が務めます。

飼育員を演じる矢野と武田はそれぞれトレーニングを開始しており、持ち前の運動能力と勘の良さで、すでにクジラたちとコミュニケーションをとり始めております。映画の中では彼らが調教師としてショーを行う場面もあります。2017年10月中旬から下旬にかけてオール和歌山ロケにて撮影され、2018年の秋に公開予定です。是非、ご注目ください。

メインキャスト

キャスト、監督からのコメント

矢野聖人
今回映画初主演ですが、あまり考えすぎず、太一の真っ直ぐで純粋なキャラクターを大事に演じたいです。和歌山の自然が溢れて美しいところやクジラの可愛いらしさがこの作品で伝わればいいなと思っています。藤原監督とは初めてご一緒しますが、役についての考え方や説明がとても深かったので今から撮影が楽しみです。
武田梨奈
最初に台本を読んだ時、この作品はただの青春映画ではないと私は思いました。鯨に対しての大きな愛を感じましたが、その愛は、人や国によって大きく違ったりもします。私は今まで、各国の鯨をテーマにした作品を観てきて、何一つ言葉にして発することができませんでした。でも今回この作品のお話を頂き、撮影に入る前に太地町のくじらの博物館に足を運び、鯨と触れ合い、職員の方々にお話を聞き、その姿を見て、心から残したいと思うものが沢山ありました。それ以来、鯨の夢を何度も見ます。鯨への愛を持ち、大きな覚悟を持ち、この作品に込めたいと思います。
岡本玲
ずっと目標にしていた故郷和歌山が舞台の映画に出演できるということで、お声をかけていただきとても嬉しく思います。同い年の矢野さん、武田さんをはじめキャストスタッフの皆さん、そして太地町の皆さんと、心のこもった爽やかで暖かい作品になるよう、真摯に、丁寧に、頑張りたいと思います!! 宜しくお願い致します!
藤原知之 監督
情報が溢れ何でも手に入る今、自分の好きなことや大切なこと、やりたいことが意外と分かりづらい状況にあります。しかし、主人公たちのモデルとなった飼育員の皆さんは、明確に自分の夢を見つけてまっすぐ突き進んでいます。そんな情熱や信念を映画に落とし込めるよう、真摯に撮影したいと思います。