中島美嘉の歌が下手過ぎるといわれる3つの理由!耳の病気で歌い方が変わった?昔の歌唱力と比べてみた!

中島美嘉

独特の歌声で『GLAMOROUS SKY』や『雪の華』など大ヒット曲を生み出した中島美嘉さん!

しかし、最近では「歌が下手過ぎる」という声が多く聞こえます!

この記事では、中島美嘉さんの歌が下手過ぎると言われる3つの理由について調査しました!

目次

中島美嘉の歌が下手過ぎる

中島美嘉さんの「歌が下手」と言っている人がTwitter上でも多くいました!

いったいなぜ「歌が下手」といわれてしまうのでしょうか?

中島美嘉の歌が下手過ぎるといわれる3つの理由!

耳の病気(両側耳管開放症)

中島美嘉さんは、2010年に耳の病気(両側耳管開放症)を患いました!

両側耳管開放症とは耳がふさがった感じがしたり、自部の声が耳に響いたりする病気です!

歌手にとっては、音程をとるのが難しく、「下手になった」と言われてしまったのかもしれません。

生歌が下手

耳の病気の事もあり、音程を取るのが難しい事でCDなどで編集できない生歌だと「下手」に聞こえてしまうのかもしれません。

歌い方が変わった

中島美嘉さんの歌い方が変わったから下手に聞こえるという声もあります!

中島美嘉の歌が下手過ぎるといわれる3つの理由!耳の病気で歌い方が変わった?

2010年に両側耳管開放症と診断された時に、公表するかどうか悩んだそうです!

 中島は病名を知って「みんなになんて言えばいいかと思ったし、自分でも病気ではないと思って放っておいた時期もあった」と回想。歌も歌えなくなり、誰にも言わず治療していた時期もあったが、「もう無理だと言いなさい」と医者に言われて公表したという。

https://smart-flash.jp/entame/125450/1

一時は引退も考えたようですが、ニューヨークに行き、トレーニングや知人に会い休業という形で病気に前向きになれたそうです!

翌年の2011年には未完治のまま復帰しました!

当時を振り返った中島さんは「私は半年間、結局休業…。ホントは無期限でちょっと調子が良くなるまではと思ってたんですけど、当時事務所の方々とかがすごく心配して『まだ?』って言ってくれてたんですね」とコメント。

続けて、中島さんは「で、このままだとみんなが心配しっ放しだと思って、私がちょっと負けちゃったんですよ『もうちょっと待って』って言えればよかったんですけど、だから自分の判断ミスなんですよ」と完治しないまま仕事に復帰した理由を明かします。

その後も病気が完治しないまま試行錯誤をしながら活動を続けていたそうで「実は耳が聴力が復活しまして、言うつもりはなかったんですけど…。しかも言ってちょっと恐怖心あるんですよ。またなったらどうしようっていうのはあるんですけど、だいぶなってないので、これ治ったんじゃないかなって本当最近なんですよ」と耳の状態が回復した事を報告しました。

https://mdpr.jp/news/detail/2832295

回復したタイミングは、自分で生活を変えたり、ストレスもなくして行ったら、段々と聴力が回復して行って突然ポコッと回復したのを感じたようです!

回復した事で音程を外したのがわかる事がとてもうれしかったようです!

耳の病気になったり回復したりした事で、歌い方が変わったと感じる人が多くいたのかもしれませんね!

中島美嘉の昔の歌唱力と比べてみた!

2003年

2003年中島美嘉さんの代表曲でもある「雪の華」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次