坂口健太郎の演技が下手と言われる5つの理由!年々うまくなっているとの声もあり!

坂口健太郎

坂口健太郎さんは、現在ドラマや映画に引っ張りだこで俳優として活躍されています。そんな坂口さんは、演技が下手だと言われています。今回は、坂口さんの演技力について詳しく解説していきたいと思います。

目次

坂口健太郎の演技が下手と言われる5つの理由!

坂口さんは、演技があまり上手ではないと噂されています。

その理由は、

①滑舌が悪い

②声が小さめ

③セリフが棒読み

⓸泣きの演技が下手

⓹笑い方が不自然

と言われています。

ここからは、その理由について詳しくご紹介していきます。

滑舌が悪い

坂口さんは、滑舌が悪いと言われています。

調べてみると、やや舌足らずなところがあるようでした。

しかし見ていられないほど悪いわけではないようですが、人によっては気になる方もいるのでしょう。

声が小さい

坂口さんは、声が小さいと言われています。

調べてみると、2021年放送のおかえりモネに出演時も囁くような声でした。

声が低く人によっては聞き取りにくい印象を与えてしまうこともあるようです。

セリフが棒読み

坂口さんは、セリフが棒読みと言われています。

しかし坂口さんが演じる役は比較的物静かな人物が多いので

演じる役によってセリフの言い方を変えているのではないかと思います。

これからいろんな役を演じて欲しいですね。

泣きの演技が下手

坂口さんは泣きの演技が下手だと言われています。

しかし調べてみると、下手だというよりむしろ上手いと絶賛されています。

出演されている作品が多いためか、少しずつ泣く演技もスキルが上がっているようです。

笑い方が不自然

坂口さんは、笑った顔が不自然だと言われています。

しかし調べてみると、そこまで下手だという印象はなく演じる役によって笑顔の出し方を変えているようです。

クシャっと笑った顔は本当に癒されてしまいますね!

坂口健太郎の演技が年々うまくなっているとの声もあり!

坂口さんは、デビューしたばかりの頃のヒロイン失格ではややあどけない感じがでていましたが

様々な作品に出演し、役を演じることによって上手くなっているという声の方がたくさん上がっています。

上手くなった3つの理由は、

①感情をこめて演じている姿

②釘付けになってしまうほど引き込む演技

③泣きの演技がとても上手い

これらが理由となっています。

感情をこめて演じている

坂口さんの演技が上手くなった理由1つ目は、感情をこめて演じているところです。

こちらが2022年に公開された映画、余命10年でのコメントです。

坂口さんが出演している作品の中で切ない作品であればあるほど感情移入しやすい演技が最高との声がありました。

一緒に泣いてしまった方が続出しているようです。

引き込まれる演技力

坂口さんの演技が上手くなった2つ目の理由は、引き込まれる演技力です。

引き込まれる理由として、声に引き込まれる方もいれば

役によって演じ分けている姿に引き込まれてしまう方もいるようですね。

これからさらに演技に磨きがかかれば、もっと引き込まれてしまいますね。

笑顔の作り方が上手い

坂口さんの演技が上手くなった理由3つ目は、笑顔の作り方です。

2022年公開の映画、余命10年では

ナチュラルな笑顔が一般の方だけでなく、共演者の方からも好評を受けているようです。

やっぱり笑顔が似合う方だと改めて感じますね。

これからどのような作品に出演されるのかとても楽しみです。

まとめ

今回は、坂口さんの演技力についてご紹介してきました。

坂口さんは、2021年の朝ドラに出演してからますます、演技力があると絶賛されていることがわかりました。

これからどのような俳優に成長していくのか、本当に楽しみですね。

これから温かく見守っていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次