【真犯人フラグ】二宮瑞穂と一緒にいた男は望月琥太郎で特定!?一緒に小説を書く理由を考察!

真犯人フラグ

真犯人フラグも3月6日でいよいよ最終回前のラスト1話となりました!

19話では芳根京子さん演じる二宮瑞穂が黒幕の様な動きをしています!部屋で事件の詳細は小説として書いているシーンがありましたが、そこにはもう一人男性らしき人物が写っていました!

また、なぜに二宮瑞穂は事件の詳細を小説にしていたのでしょうか?

目次

【真犯人フラグ】二宮瑞穂と一緒にいた男は望月琥太郎で特定!?

ネット上でも二宮瑞穂が小説を書いている時に写った人物が誰なのか話題となっていました!

しかし、ネットの考察犯はこの人物を特定しています!

それは・・・

望月琥太郎です!

実は、光莉役の原菜乃華さんの番宣で写っていた望月琥太郎の服の模様と小説を書いている男性の服の模様がが一致しています!

もう一つ、小説を投稿しているアカウント名が「Gho03mk_lao04]で、この「mk」が望月琥太郎のイニシャルではないかという意見もあります!

小説を書いているのは望月琥太郎でほぼ間違いないと思いますが、このアカウント名は「Gho la」で「強羅」とも入っている様にもみえるんですよね・・・

このアカウントも伏線なのでしょうか?

二宮瑞穂と望月琥太郎が一緒に小説を書く理由を考察!

二宮瑞穂は姉が亡くなっていた事と何か関係して事件を小説の様に書いているのはわかります!

なぜ、望月琥太郎も一緒に書いているのでしょうか?

公式サイトの予告にはこうありました

「拘留中の一星(佐野勇斗)は阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)から、SNSに投稿された例の小説について聞かれる。それは自分の“切り札”だと答える一星。小説には真犯人しか知り得ない事実も書かれているが、妄想なのか真実なのか…。」

という事は一星もこの小説は知っているという事になります!

やはり、二宮瑞穂と一星は協力していて真犯人をおびき出していると考えるのが妥当でしょうか?

望月琥太郎がなぜ手伝っているかは不明ですので最終回で回収される事を待ちたいと思います!

まとめ

【真犯人フラグ】二宮瑞穂と一緒にいた男は望月琥太郎で特定!?一緒に小説を書く理由を考察!についてまとめました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる